更新情報

2015/07/31
DVDコピーにはプレスがおすすめな理由の情報を更新しました。
2015/07/31
プレスのセットプランが選び放題!DVDコピーも対応しているインフォコンプは幅が広いの情報を更新しました。
2015/07/31
期間で決める?DVDコピーとプレスの違いの情報を更新しました。
2015/07/31
店頭販売に便利!DVDコピー専門のタッグアルファとはの情報を更新しました。
2015/07/21
運営会社情報の情報を更新しました。

DVDコピーにはプレスがおすすめな理由

DVDを複製するのに専門の業者が扱うプレス。
約数千枚などのDVDコピーの場合には、プレスの方が安いだけではなく、複製品も価値が高くなります。
プレスはスタンパーというものを使用することで、量産をしますが、専用の工場で行うため、個人では行うことができません。枚数や納期によってはコピーが安く済みますが、商用を考えているなどでしたら、コピーよりもプレスの方が利便性は高くなります。

プレス専用の印刷方法がある

シルクやオフセット印刷といった、プレスだけでしか出来ない方法といものがあります。コピーの印刷方法ですと、表面だけではなく裏面も指で触れるとインクや傷など外部に弱く、耐久も下がります。
プレスですと、耐久度が上がり、寿命もコピーよりも長くなることが魅力の一つかもしれません。

大量のコピーを求める際には安くなる

スタンパーに入れて量産をすることになるので、枚数が少ないと料金が高くなります。1度の工程で、量産を始めるので、その稼働分の料金がプレスの金額です。
枚数が多いと、工程の回数も少なくなるので、大量のDVDコピーの場合はプレスがおすすめな理由もそこにあります。

高品質のみならず、メディアの再生不具合も少ない

市販のDVDなどで使用されるプレスは、互換性の問題も解決することができます。コピーの問題は、マスター側かもしくはコピー側にあります。
マスターが問題ない状態で、プレスをした場合には、再生する機器を選ぶことなく、快適に見ることができます。商用ですと、そちらの方が便利ですよね。

枚数の使い分けがポイント

枚数によって、値段が変動するプレスですが、目的や枚数によって選択した方がいいです。
複製をするには、必ずしもプレスである必要はないですが、圧倒的な枚数をコピーをする場合や品質にこだわる方などはおすすめです。
どうしても案件を締切に間に合わせたいとき、「納期は少なくても2、3日はかかる」と言われましたら不安になるかもしれません。
もちろん、納期をかけてくれる業者は予約状況や混み具合によっても、納期が変更になることが多々あります。DVDコピーのみを頼みたいときには、早めに仕上がると助かりますよね。
ウォーク・オンは、DVD・CDの専門業者で、短納期と小ロットが特徴的です。大量のDVDコピーならプレスにも対応しています。

数千枚単位でも1日が納期

ytrths
ウォーク・オンにはデュプリケートサービス、つまりDVDコピーのサービスが約2000枚の注文で、1日で生産可能です。
1枚からの小ロット数でコピーができるため、あまり数がない場合でも注文が出来ます。
ちなみに、コピーガードを付ける際にも納期は1日です。コピーする数量やオプションに気をつければスピーディな仕上がりが待っていることでしょう。

プレスはアッセンブルなどの付加サービスも

工場で量産をする場合には、ケースや包装などの一式を組み立てるアッセンブルやバルク(盤なし)など選択可能です。
台湾と国内のどちらかを選択することも可能で、国内ですと「2層」のDVDもプレス対応できます。
また、紙ジャケットもケースにオーダーができるので、プラスティックではなく、紙のケース希望という方はぜひオーダーしてみましょう。

活用するなら短納期!

DVDコピーで短納期を活用するならウォーク・オンを選択肢の一つとして取り入れてもいいのではないでしょうか。
全体的にプレスに力を注いでいるようですが、魅力としてはコピーも多数あります。
ケースはコピー終了時にジュエルケースとして渡されるので、傷などの心配はありません。早く仕上げて欲しいという方におすすめな業者です。

△PAGE TOP